ZINEができるまで 販売価格

うーむ。頭を悩ませる値段つけ。
そもそも値段をどうやってはじき出せばいいの?
アドバイスをいただいた。
原価(コスト)+利益(もうけ)だと。

原価(コスト)について
使用する「紙」がポイントとなる。紙選びでコストがかなり変わる。
オンデマンド印刷は最初から使用したい紙は決めてたからそこは譲れない。
問題は手作りの方。
紙は値段と比例してプリントが良くなる傾向があるから落とし所がね。
で、紙って購入単位が100枚とかだから試しにプリントしてみたくても費用がかさむ。
そしてインクジェットプリンターのインクも。
とほほ、です。

次に「もうけ」をどうしよう。
単純に原価の2倍とか3倍とかってことになる?
別の視点から考えると
買ってもらえるような値段設定にしたい。
自分自身、財布の紐は緩くないからこれぐらいなら購入しようかなと思える値段に、したい。
「このZINEをこの値段で買うんだったら〇〇さんの写真集買うかな〜。」って、なりそうだし。
それだけ出しても買いたいと思わせるようなZINEであれば話は違うけど。
それはちょっとハードル高い。
だけど安売りしてはいけないと思うし。
安く設定したらずっとその価格で今後も販売になるんだよ!っても言われた。

グルグルと頭を悩ませていますがそろそろ値段を決めようと思います!
それで「一体いくらにしたんだろ?」と気になられた方。
「ZINEをつくる」研究成果展が終わったらブログ書こうと思います。
終わったらって、どれだけ売れたかも報告しなきゃいけない…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ZINEができるまで 心構え