ZINEができるまで

ZINEって何?
私も知らなくて「じね」と読んでたりしました。
ご存知の方に笑われ「雑誌、magazineのzineだよ。」と教えてもらいました。
簡単にいうと自作の文章や絵、写真などをコピー機やプリンターで少量印刷しホチキスなどで閉じた小冊子のことだそうです。

そのZINEを作成する方法には手作りや印刷会社に発注するなどがあります。

印刷会社に発注して作るものの中には
1.ある程度決まっているレイアウトに写真や文字を入れて簡単に作れるようなもの
2.自分で内容をすべて作成してそのデータを渡して印刷だけしてもらうもの
があります。

1の場合、少数作成する場合は比較的安価なものがあります。
ただし作成部数が10部、20部となった時は1冊作成の単価が下がることがないため費用がかさみます。

2の場合は部数が増えれば増えるほど1冊当たりの単価が下がります。
大量に印刷する場合は2の方がお勧めですが問題?はデータを自分で作成するという点です。
データ作成にはAdobeソフトのIllustratorやInDesign、photoshopが必要になります。そして使いこなせないと…できないのです。
また2の印刷方法はオフセット印刷とオンデマンド印刷があります。

今回私は2のオンデマンド印刷を発注しました。
慣れないことにドギマギしながらやっと入稿を済ませ一安心して2日、ジワジワと気になることが湧いてきました。
私は全面見開き(本を開くと左右両方のページ)に写真をベタっと貼り付けたのが全ページなんです。
全く頭になかったけど、もしかして裏写りする⁇
どんどん不安になってきてるのですが出来上がってきたらドキドキしながら開封して確認したいと思います。
いや、今からでも聞いた方がいいのかな?聞いてみようかな。

聞きました!

「用紙に関しては裏写りがしやすい紙にはなっています。あくまでしやすいだけで確実になるとまでは断言できかねます。」
って。

注文した紙はヴァンヌーボVGスノーホワイト130kgです。お勧めの紙だと好きな写真家が仰ってたので決めました。オンデマンド印刷ではこの紙は130kgありません!
これはもう出たとこ勝負です。
覚悟を決めて配達されてくるのを待ちます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

兄弟

次の記事

ZINEができるまで 心構え